今回はナンパのノウハウの記事ではないので、ノウハウを知りたい方は読まないでください。

東京の新宿で、ナンパ塾の受講生が事件を起こしました。

事件が起きたのは昨年7月31日深夜。

ナンパ塾が管理しているマンションの一室にて、ナンパ塾の受講生二人がモデルの女性(26)に多量のウォッカを飲ませて昏睡状態にした後、暴行した疑い。

このマンションの一室はナンパ塾の受講生が有料で使用できる部屋だそうです。

テレビ朝日の報道によると、そのナンパ塾の名前は「リアルナンパアカデミー」

業界ではかなり有名なナンパ塾です。

リアルナンパアカデミーとは?

略称「RNA」。

聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

キャッチコピーは「最強のナンパ塾」。

まぁナンパ塾なんて今となっては掃いて捨てるほどあるのですが、、、

ナンパ塾とは、有料でナンパを教えるものです。

方法は様々。

オンライン教材のものもあれば、実際に集まって集団でナンパをしながら教えるものまで。

今回のリアルナンパアカデミーでは、座学(セミナー)+実践(路上で実際にナンパを教える)を主に行なっていたみたいです。

料金は通常コースで54,800円、、、

内容は座学+実践の計4時間を3回行うというもの。

はっきり言って高いですね。

スペシャルコースは298,000円。

こちらはナンパ講師による、マンツーマン指導。

内容は通常コースとほぼ同じ、座学+実践の計4時間を3回行うというもの。

特典が違うだけですね。(特典は初心者コースの講習に1回参加できる権利)

ナンパのコンサルティングのようなものでしょう。

さらに、リアルナンパアカデミーの特徴は、会員制を導入していること。

月額9,800円で、ナンパ動画や音声を公開、ノウハウなども提供しています。

事件の二人も、もしかしたら会員だったのかもしれません。

絶対にやってはいけないナンパ

僕自身ナンパを教わること自体は、悪くないことだと思っています。

僕のようにお金がなくて、、、ではなく、お金があるのであれば教えてもらう方が成長が早いからです。

時間をお金で買うのが効率的なのは、世の中あらゆることで実証されています。

お金を出して、本を読むのもその一つです。

お金を出して、勉強を教わりにいくこともです。

ナンパも同じです。

お金を出しても教えてもらう価値のあるナンパ師も、世の中にはたくさんいます。

しかし、今回の事件のようなナンパは絶対にやってはいけないことです。

嫌がっている女性を無理やりナンパすることは、人としてやってはいけないことです。

無理やりお酒を飲ませるナンパをするのは、実力がないからです。

残念なことに、インターネットの世界では実力を捏造したナンパ師があふれています。

もしあなたもナンパ師から教えてもらうのであれば、実績ではなくしっかりとしたノウハウを持っているナンパ師から教えてもらうことをお勧めします。

間違っても酒で酔わせて、、、なんてナンパ師は避けた方がいいと僕は思います。

実力主義のナンパを貫く

本来はこのブログでこのような事件は取り上げないのですが、あまりにもナンパのイメージを損ねる事件です。

いつも記事を見てくださっている読者の方は、このようなナンパはしないと思いますが、この事件のようなナンパが横行しているのもまた事実です。

甘い誘惑に負けずに、実力主義のナンパを一緒にしていきましょう。