この言葉をナンパに置き換えると「ナンパで一番重いものは、自分の好みでない女とのやり取り」でしょうか。笑

ナンパでは、自分の好みでない女性とのやり取りは“面倒臭い”ものではないでしょうか。

平行トークもLineのやり取りもデートも、テンションが上がらないと思います。

最悪の場合『なんでナンパをしているんだろう、、、』と考えてしまうことも。

今回は、自分好みの美女以外に声をかけてはいけない5つの理由を紹介します。

理由を知ることで、ますます自分好みの美女に声をかけた方が良いと確信することができると思います。

自分好みの美女以外に声をかけてはいけない5つの理由

地蔵克服の場面以外では必要がない

・『かわいくない子でも声をかけろ』

・『最初はなりふり構わず声をかけろ』

ナンパを始めたばかりで、教えてもらう時に『とにかく数をこなせ』と言われることがあります。

地蔵を克服する場合は、声かけのみに集中した方が良いのでかわいくない子でも声をかけることが克服につながります。

しかし、それ以外の場面では時間の無駄になってしまいます。

なぜなら、かわいくない子に声をかけても“モチベーション”が上がらないからです。

可愛くない子を連れ出しても『本当はもっと可愛い女の子とお酒を飲みたいのに、、、』と感じます。

可愛くない子とLineのやり取りをしても『なんでこんなことしているんだろう、、、』と思い、Lineをするのも面倒になります。

無駄だと思いませんか?笑

ナンパのメリットの一つに『女の子を選べる』ことが挙げられます。

せっかく選べるのに自分好みの女の子以外に声をかける必要はないと僕は思います。

ブサイクとのやり取りは時間とお金の無駄

こんなことを言っている僕も、ナンパを始めた時はかわいくない子に声をかけていました。

可愛くない子とのやり取りは体力的にもそうですが、特に精神面で本当に疲れます。

もう一度会う時は、「今日の予定、無くならないかな」と思っていました。

会っている時も“いかに早く切り上げるか”ばかりを考えていました。

それでも、その時の僕は『これも経験だ』と思いながらブサイクに声をかけていました。

今思うと、時間とお金の無駄だったなと思います。笑

変な癖(かわいくない子にしか通用しないテクニック)がつく

自分好みの女性以外ばかりを落としていると、変な癖がつく可能性があります。

簡単に言えば『かわいくない子にしか通用しないテクニック』が身についてしまうのです。

もし仮にこのテクニック(変な癖)が身についてしまえば、落とせる女の子に“偏り”が発生します。

もちろんその偏りは、かわいくない子に偏ります。

厄介なことに、このテクニックを使えばある程度“女の子”は落とすことができるので、簡単に癖を直すことができないのです。

僕の知っているナンパ師の中にも『女の子は落とせるが“自分好みの女の子”は落とせない』と悩んでいる人がいます。

本人も癖がついていることに気がついていますが、結果が出ていれば出ているほど、癖を直すことに抵抗を感じます。

癖がつかないようにするためにも、自分好みの美女だけに狙いを絞る方が効果的です。

自分好みの美女とそれ以外の女の子では、緊張感が違う

自分好みの美女と話す時は緊張します。

それ以外の女の子では決して体験することができない緊張感です。

自分好みの美女をナンパした時は、テンションが上がってしまいます。

テンションが上がってしまうと、冷静さを保つことが難しくなります。

冷静さを保てなくなるとミスをしてしまったり、本来はグイグイいかなければならない場面で消極的になってしまったりします。

・つい自分のことばかりを話してしまった

・クロージングの場面でがっついてしまった

・逃したくないばかりに即を狙わず、準即に切り替えてしまった

自分好みの美女であればあるほどテンションが上がってしまい、上記のような失敗をしてしまいます。

美女を攻略する時の緊張感は、可愛くない子の時に感じる緊張感とは別物です。

ブサイクで味わえる緊張感は、ナンパに対する緊張感だけです。

美女で味わえる緊張感は、ナンパに対する緊張感+その美女を攻略する緊張感です。

ブサイクでナンパに対する緊張感を克服しても、美女を攻略する緊張感は克服できません。

『自分好みの美女を攻略する緊張感』を克服するには、自分好みの美女をナンパし、体験しながら克服する必要があります。

この緊張感を克服することで、コンスタントに自分好みの美女をゲットすることが可能になります。

ナンパを楽しめない

僕はナンパは楽しむものだと思っています。

もちろんガンシカされたり即を取り逃がしたりと、楽しくない時もあります。

しかし、それは“結果”が楽しくないだけです。

ブサイクに声をかけることは『自分からナンパを楽しむことを放棄している』と僕は思っています。

自分好みの女の子と平行トークをしている時の方が、テンションが上がると思います。

自分好みの女の子を初めて即った時の達成感は、可愛くない子では決して味わえないものがあります。

それこそが『ナンパを楽しむ』ということではないでしょうか。

様々な理由を書きましたが、僕はこの理由こそが自分好みの女の子に声をかける最大の理由であると断言します。

自分好みの美女に声をかけ、ナンパを楽しむ

同じ時間・労力・お金を投資するなら、可愛くない子より美女の方が良いと思いませんか?

自分好みの美女をナンパした方がナンパを楽しめると僕は思っています。

可愛くない事のとのやり取りはしんどいものです。。。

もしS◯Xをして、好かれてしまった時には、、、

アフターフォローが大変です。笑

自分好みの美女にだけ声をかけることによって余計な作業が減り、ナンパを楽しむことができますよ!