ナンパをした女の子とコミュニケーションを取る場面は、大きく分けて2つあると思います。

LINEと対面ですね。

どちらが難しいかといえば、僕はLINEの方が難しいと思っています。

対面は女の子の反応を直に見ることができますが、LINEは文字でしか判断することができません。

また、対面ではくどくないやり取りも、LINEではくどく感じてしまうこともあります。

そして、対面では女の子が笑ってくれるような内容でも、LINEではお寒い感じになってしまうことがあります。

LINEで女の子が徐々にフェードアウトしている。と感じる時、対面と同じようなノリでLINEをしていませんか?

もしかしたら、あなたのLINEもお寒い感じになってしまっているかもしれません。

LINEは便利なツールだが、、、

LINEはとても便利なツールです。

ほとんどの人が使っていますし、気軽にコミュニケーションを取ることができます。

その一方で、くどく感じやすいツールでもあります。

LINEのやり取りをしていて『めんどくさいなぁ』と感じたことは、あなたもあると思います。

何度もやり取りをしていると、より一層くどく感じますよね。

もし女の子が『めんどくさいな』と感じている時に、対面と同じようなノリでLINEを送ってしまうと『うざ!』と思われてしまう可能性が高くなります。

そして、『うざ』と思われてしまう原因は他にもあります。

LINEは文字を使ったコミュニケーションです。

対面のノリを文字で書き起こそうと思うと、結構な長文になったりもします。

しかも、文章で書き起こすとそんなに面白くないということもよくあります。笑

そんな長文を送ってしまうと『この人、自分で自分のこと面白いと思ってそう』と痛い人認定されてしまいます。

そうなってしまうと、返信が途切れてしまうことも、、、

ですので、LINEでは対面と同じノリではなく“LINEのノリ”で対応する必要があります。

LINEのノリとは?

ではLINEのノリとは何なのでしょうか?

先ほども述べたように、LINEは文字を使ったコミュニケーションツールです。

さらに、その文字を読む状況はこちらで把握することができません。

その文字を読むときの女の子のテンションはわからないのです。

ですので、出来るだけ気軽なコミュニケーションを意識することが大切になります。

LINEで関係性を深めようとか、笑わせようと思うのではなく、気軽なコミュニケーションを取る。

関係を深めたり、笑わせようと思うとどうしてもちょっと攻めた文章になってしまいます。

もし、その文章を読む時に女の子のテンションが低ければ『うざ』と思われるかもしれません。

ですので、気軽な感じでLINEを送り合う。

LINEで重要なのは減点されないことです。

LINEを交換したときの印象を、マイナスにならないように持っていきましょう。

減点されないようにコントロールし、次のアクションを狙います。

次のアクションである“アポ”を取っていきましょう。

LINEはアポを取るためのツール

LINEはあくまでも次回アポを取るためにします。

LINEをすることが目的ではありません。

ある程度返信をもらえるような関係性になり、コミュニケーションを取ることができればアポを取っていきましょう。

そのアポの取り方も気軽に提案します。

『明日飯行かない?』『明日飲みに行かない?』でオッケーです。

事前に気軽なコミュニケーションをとり、気軽にアポを取る。

アポの時だけキャラが変わってしまえば、女の子に警戒されてしまいます。

気軽な感じでやり取りをしているのに急に『明日の夜、一緒に飲みに行かないですか?』などと送ってしまえば、女の子も身構えてしまいます。

あくまでも“気軽に”アポ提案をしていきましょう。

LINEをうまく使い、準即を増やす

LINEのやり取りのレベルをあげれば、必然的に準即が増えます。

LINEのレベルが上がれば、デートの回数が増えるからです。

ぜひ、LINEのやり取りをマスターし、女の子をゲットしていきましょう。