僕は3年前からFXをしています。

FXとは、簡単に言えば為替取引です。

最初はゲーム感覚で始めたのですが、これがまた面白い。笑

もちろん、勝ったり負けたりを繰り返すのですが、徐々に資金が増えてくるとやめられなくなってしまいました。

そして何よりも、短時間でできるのでナンパの合間にも実践することができます。

このFXで僕なりに意識していることは“軸を持つこと”です。

FXには様々な手法がある

FXをされている方、もしくは何かしらの金融取引をした経験がある方ならご存知かと思いますが、FXのやり方には様々手法があります。

経済の流れを重視する方法もあれば、チャート分析と呼ばれるものを重視する方法もあります。

また、チャート分析の中にも無数の手法があります。

グランビルの法則やダブルトップなどですね。

また、一言にチャートといってもたくさんの種類があります。

移動平均線、一目均衡表、MACDなど、、、

手法とチャートの組み合わせで言えば、膨大な数の分析をすることができます。

僕自身も最初、どの分析方法が正しいかわからずに様々な方法を試しました。

その結果、、、負けに負けました。

全てがごちゃまぜになってしまうので、一貫性がなくなってしまい損切りばかりしていたからです。

様々な手法を用いるので、常に相場にチャンスがあるように見えてしまう結果、トレードを実行しては損切りをする日々が続きました。

このままでは、貯金が底をついてしまうと思っていた時、ある方から金言をいただきました。

『何でもいいから一つの軸を持て』

この言葉が僕のFXを復活させてくれました。

今では日々トレードし、月平均で見れば安定した資金を確保することができるようになっています。

ナンパでも軸を持つことが重要

この『何でもいいから一つの軸を持つ』ことは、ナンパでも重要になります。

ナンパにも様々な手法があります。

じゃがりこナンパやペンギンナンパ、カメラナンパなど。誠実系ナンパやオラオラ系ナンパもそうですね。

たくさんの手法がある中で、最初は色々試してみたくなると思います。

結果が思うように出なかった時は特に物色してしまいます。

その結果、僕のFXと同じようにどれも中途半端になってしまい結果が出ないことがあります。

もし今、様々な手法を試していて結果が出ないのであれば、まずは一つの軸を持つことをお勧めします。

軸を持つ最大のメリットは、スランプに陥ったとしてもその軸に立ち返ることができることです。

軸がなければ、立ち返る原点がないので空中分解を起こしてしまいます。

何が悪いのかも、元がないので分析できません。

軸があれば、立ち返ることもできますし、悪い部分を分析して修正することができます。その結果、スランプから脱却する手がかりをつかむこともあります。

また、一つの軸を持っていれば様々な手法を試してみることもできます。

もし別の手法を試してみて、うまくいかなければ自分の軸に立ち返る。

別の手法を試してみて、その手法の方が自分に合っていると感じるのであれば軸を移す。

軸を移し変えることによって、ステップアップするとともにナンパの幅も広がります。

ただし、軸が複数になるとどっちつかずの状態になるので、最大でも3つくらいの軸に収めることをお勧めします。

まずは一つ、自分のナンパ軸を見つけてみてはいかがでしょうか?