女性は会話で頭を整理する。

例えば女性が1日の予定を確認する時、、、。

「今日は〇〇時に〇〇ちゃんと待ち合わせだ!」

「あっ大阪駅に行くならついでに〇〇に頼まれていた物を買いに行こう」

「そう言えば、〇〇ちゃんの結婚式がもうすぐだ!結婚式で着る服も見に行かなくちゃ!」

このような場面に出くわしたことはないでしょうか。

彼女でなくても会社の同僚、後輩、あるいは母親。

きっと、あなたにも思い当たる出来事があるのではないでしょうか。

もし、これが男性ならどうなるか。

紙とペンを用意し、リストを書いて、そのリストを持って出かけるだけ。

きっと口に出して事実を確認することはないと思います。

現代であれば、スマホでメモして終わりですね。

ではなぜ、女性は紙を用意しリストを書いて、、、とならないのか。

それは、生まれ持っての脳の構造の違いにあります。

左脳と右脳が繋がりすぎている!?

ロンドン医学研究所の研究結果として、男性はコミュニケーションを取るときに、左脳しか使っていないことが判明しました。

左脳とは、論理的思考を行う部分です。

そして、この左脳の中でもほんの一部分しか使用していません。

ほんの一部分しか使用していないため、男はコミュニケーションにおいて、複数のことを同時に行うことが難しくなっています。

パソコンで会議の資料を作りながら、部下の質問に答えられないのはそのためです。

しかし、左脳しか使っていない分、論理的に考えることは得意となっています。

何かトラブルが起こった時でも、1人になり、黙って対策を考え、対処することができます。

一方、女性はコミュニケーションを取る時、左脳と右脳の両方を使用しています。

そのため、会話のバリエーションも豊富で、意味のないことでも延々と話し続けることができます。

また、男性と違い、使用している部分も多いので、会話をしながらでも他の作業をすることができます。

化粧をしながらおしゃべりを続けられる。男性からしたら、『話聞いてないやろ』と思って油断していても、地獄耳のように聞いているのはそのためです。

コミュニケーションにおいては、女性の脳の方が適した脳になっているのですが、その分、弊害もあります。

それは、左脳と右脳が繋がりすぎているという問題です。

男性は、左脳と右脳の繋がりが悪い?分、物事を分断して保存することには優れています。

論理的思考を司る左脳の中で物事を整理することができるので、1日の中で起こった出来事も、適切に思い出しながら保存することができます。

一方、女性は異なります。

左右の脳が繋がりすぎている分、頭の中がごちゃごちゃになってしまいます。

イメージとしては、せっかく左でまとめたとしても、右がしゃしゃり出てきてぐちゃぐちゃにするイメージです。(あくまでイメージですw)

そのため、いちいち声に出して整理します。

脳の中では整理できないので、一旦脳の中からアウトプットしないとこんがらがってしまうからです。

問題はそのアウトプットの仕方です。

口に出す言葉は全然順番になっていない上、全てを吐き出します。

その日にあったことを、順番ではなく、バラバラで全てを一気に口にするので、男からすると『何言ってるんだこいつは?』となってしまうのです。

女性の話はこちらで誘導する

よく「女の話を聞け」と恋愛マスターたちは叫びます。

もちろん、女の子の話を聞くことは大切です。

しかし、ただ聞いているだけでは、はっきり言ってよほどの読解力がない限り「何言ってるんだこいつは?」となってしまいます。

それは1日の話だけに限らず、デート中の会話でも同じです。

女の子の話は何の脈絡もなく、男からすると何を言っているのか理解できない時があります。

かと言って、適当に相槌して、聞き流していると女の右脳の鋭さが発揮され、『この人私の話全然聞いてくれていない!』となってしまいます。

全く女の子というものは、厄介な生き物です。

しかし、その厄介な生き物をナンパで口説こうと思うのであれば、、、。女の子に話をさせ、気持ちよくし、ゲットしたいのであれば、対策を立て、攻略しなければなりません。

喜ばしいことに、我々男はこの対策を立て、攻略することは得意分野となっています。

女の子に話を聞いていると思わせ、かつ、我々男にもわかりやすく女の子の話を変換するためには、“質問の仕方”が非常に重要になります。

会話内容に沿った質問をすることで、女の子に話を聞いていることをアピールしつつ、女の子の話を“質問を使って”誘導する。

『その後どうなったの?』『なんでそんな事態になったん?笑』。

このような質問を使うことによって、時系列をまとめることができます。

ただし、尋問のように質問をしてはいけません。

あくまでも興味津々のフリ、女の子の話が気になるフリをしながら質問をしましょう。

問い詰めるように質問をすると、右脳センサーに引っかかってしまうので。笑

質問を駆使し、女の子に話を聞いているアピールをしつつ、会話を誘導する。それができれば、連れ出しの後の展開も楽になり、女の子との距離も一気に縮めることができますよ。