f:id:until30y:20180506192055j:plain

ナンパする男の魅力とは

最近、女友達と飲む機会があって、恋愛観についての話になりました。

彼女の言い分はこう。

「チャラい男なんて絶対いや。」

「真面目な男の人がいいの。」

「道端でナンパしてる男なんて絶対無理。」

あなたもこの記事に来ているということは、

ナンパされた経験があり、かつナンパする男に対して良くない印象を抱いているのではないでしょうか?

ただ、私は声を大にしてあなたに伝えたい。

「ナンパしてきた男とこそ、恋に落ち、生涯を共にしよう。」と。

あなたをナンパしてきたその男は決してチャラい男ではありません。

ナンパできる男だからこそ持つ魅力がそこにはあるのです。

な・の・で

今回は、男性目線から女性では気付けないナンパする男の魅力について書いていけたらと思います。

それではいってみましょう。

あなたが気付くべき、ナンパしてきた男の3つの魅力

①決して言い訳しないところ

②リスクを背負う覚悟があるところ

③君を見つけ出したところ

それぞれ詳しく説明していきますね。

①決して言い訳しないところ

ナンパする男の良い点として「言い訳しない」ところがあげられます。 

道端で突如あなたに声をかけたその男は

日常の中で起きる全てのことは自分が原因である。

そう思いながら生きている人なのです。

え。どういうこと?となる人が多いと思いますので、たとえ話をはさんでみましょう。

ここに、彼女が欲しいと望んでいる

ナンパなんてしたことのない「真面目」な男性A君と、

ナンパをよくする「チャラい」男性B君がいるとします。

2人の考え方と、行動を見てみましょう。

「真面目な」男は言い訳する

ここに、ナンパなんて1度もしたことがない真面目なA君がいたとします。

真面目なA君でも、彼女を欲しいと思うことはあるでしょう。

そんな時、真面目なA君の頭の中は以下のようになります。

「ああ彼女が欲しいなあ。けど、会社には出会いがないんだよな。」

「しょうがないか。」

おしまい。 

残念ながら、真面目なA君は彼女を作るという目標をすぐに諦めてしまいました。

「チャラい」男は言い訳せず、行動に移すことができる

次は、ナンパをするチャラいB君の頭の中を見て見ましょう。

B君が彼女が欲しいと思った時の考え方は以下のようになります。

「ああ彼女が欲しいなあ。けど、会社には出会いがないんだよな。」

「確かに会社には出会いはない。じゃあ、どこになら出会いの場があるのか考えてみよう。」

「通勤途中であれば、自分と同世代の年齢の方と少なくとも5人に話しかけられる時間と機会はあるはずだ。」

「通勤中1日5人に声をかけ、1ヶ月続ければ、5人×20日=100人。100人に声をかければ、20人とは連絡先を交換できるかもしれないな。」

「その中で、デートを重ねてお互いを知っていければ、大好きと思える人に巡り合えるかもしれない。」

「だから、行動を起こそう。」

「ナンパをすれば、女性の方に、きもがられたり、無視されたりして苦しい思いもするだろう。」

「けど、そういったことを恐れて、言い訳ばかりして何も行動しないのは嫌だ。」

「だから、無理かもしれないけど頑張ってみよう。」

彼女を作るという目標を先に達成しそうなのは、

「チャラいB君」のように見えるのではないでしょうか。

チャラい男は、言い訳せず行動できる「真面目」な男である

どうでしょうか。

ナンパをしない選択をした真面目なA君とナンパをする選択をしたチャラいB君

のどちらが、彼女を作るという目標に対して一所懸命に取り組んだのでしょうか?

明らかに、チャラいB君ですよね。

というのも、

2人の目標は同じで「彼女をつくること」だったはずです。

「真面目」なA君はたぶんこれからも、出会いが無いと言い続け、ずっともしかしたら起こる運命を待ち続けていくのでしょう。

でも「チャラい」B君は彼女ができないのは自分が原因である。

だったら、その自分自身を変えるために行動を起こす。

そんな考え方を持っている人です。

運命を待ってたんじゃ何も変わらないから。

未来を変えていくのは「自分自身」だから。

そう、いつも自分自身に言い聞かせている人なんです。

そう考えると、

ナンパなんてしたことのない「真面目」な男性A君は

自分の未来を他人や運命にまかせるチャラい人で、

ナンパをよくする「チャラい」男性B君は

自分の未来は自分で切り開くと心に決めた真面目な

なのではないでしょうか。

カップルになり、何か困難に直面した時にも

「じゃあどうすれば乗り越えられるのか」と前向きにあなたの支えになってくれるのは

あなたをナンパしてきた「真面目」な男だと思いますよ。 

②リスクを背負う覚悟があるところ

続いてはこちら!

あなたをナンパしてきた男はリスクを背負う覚悟が、そこら辺の男とは違います。

ナンパされる側の女性だとこれは分かりにくい部分だと思いますので、説明していきますね。スポンサードリンク

そもそも、ナンパは楽しいものでは無い

多くの方が、ナンパしている男は楽しくてナンパをしていると思っておられると思いますが、多くの場合はそうではありません。

基本的にナンパは楽しいものではないのです。

というのも、

そもそも初対面の女性に話しかけるのは勇気がいることだし、

いざ話しかけても無視されるのは当たり前だし、睨まれたり、何度もきもがられたりすることはよくあることです。

ひどい場合であれば、声をかけた女性が男連れで、いちゃもん付けられて騒動になってしまったりなど、

ンパとは、常にリスクと隣り合わせにあるものなのです。

じゃあ、そんなのやめなよ。無理する必要ないじゃん。ってあなたは思うかもしれません。

ですが、そんな危険と隣り合わせであることを認識していながらも、男があなたに声をかける理由があるのです。

リスクを背負ってでも手に入れたいもの=あなた 

そんな沢山の嫌なことがあると分かっていても

その男は、あなたに声をかけたんです。

なぜだかわかりますか?

それは、リスクを背負ってでもあなたを手に入れたいからです。

あなたと出会える可能性がそこにあるのなら、どんな嫌なことがあってもいい、そのマイナスを全部背負う覚悟がその男にはあるんです。 

その男だって全員に好かれようとは、決して思っていません。

なんなら声をかける99%の女性には興味がないと言ってもいいと思います。

ただ、次に声をかける女性があなたかもしれない、

あともう一人声をかける勇気を持てば、あなたに出会えるかもしれない

そう思って、小さな勇気を振り絞って声をかけるという選択をしているのです。

その一歩踏み出す心意気を少し評価してあげてはいかがでしょうか?

③君を見つけ出したところ

最後はこちら、

彼の最も評価すべきところは、あなたを見つけ出したところです。

このことは一番認識しておいて欲しいことです。

何言ってんの?(笑)とか言う声が聞こえてきそうですが、気にせず書いていきますね。

ナンパは最高の巡り合い方ではないことは事実

正直に言えば、ナンパよりももっと自然な出会い方はあると思います。

幼馴染だったとか、クラスが同じだった、部活が同じだった

職場が一緒、サークルアルバイトが同じ、留学先で出会った、通勤通学にのる電車が毎回同じ、友達の友達など

たーっくさん、自然で普通な男女の出会い方はあると思います。

上記の出会い方の方を好ましいと考える方は少なくないと思います。

私自身もそう思わないことは無いです。

あなたと彼が出会ったのは、彼があなたに声をかけたから

しかし、そんなあなたに考えて欲しい事があります。

それは

あなたとその男が出会う方法に「ナンパ」以外がありえたのかということです。

彼があなたに声をかけなかった場合、あなたと彼は出会えることができたのかということです。

おそらくですが、彼があなたに声をかけなかった場合、あなたと彼は一生交わることが無かったのではないでしょうか?

学校も違う、職場も違う、サークルも違う、行ってるジムも違う

そんなあなたと彼が出会ったのは、彼があなたに声をかけたからです。

もっといい出会い方があったのかもしれない

本来であれば、ナンパ以外で出会った方が良かったのかもしれない

ナンパは印象が良くないし最高の出会い方ではないのかもしれない。

ただ、どんなに過程が悪かったとしても

彼があなたを見つけ出したという事実は忘れないでほしいです。

彼が出会いが無い中でも言い訳せずに行動し、

女性に不審な目でみられても、へこたれず

目の前にあなたが現れた瞬間に声をかけた

だからこそ、あなたと彼は出会ったんです。

その瞬間声をかけなければ、一生交わらない人生を歩むことになっていた。

だから声をかけたんです。

どんな手段であったとしても、

彼があなたを見つけ出したことは決して揺るがない事実です。 

そのことは覚えておいてあげてくださいね。

最後に

どうでしょうか?何か参考になることが書いてありましたでしょうか?

この記事でナンパしてきた男性への見方に少しでも良い変化があったのであれば幸いです。

ナンパできる男はチャラくない。

あなたはどう思いますか?