「自分の力ではどうにもならない結果を支配しようとするのではなく、自分の意思が及ぶ行動に力をそそぐべきだ」

全米一の交渉術のコーチ。ジム・キャンプの言葉です。

人は何かをしようとするときに、結果を支配しようとします。

営業でも、『契約』という結果を支配しようとしてしまいがちです。

しかし、結果を自分で支配することは、非常に難しいことです。

特に相手がいる事象に関しては、感情が働くのでなかなか思い通りにはいきません。

自分自身で簡単にコントロールできるのは、『自分の意思が及ぶ行動』です。

営業であれば服装や態度、アポ提案の方法などです。

自分の意思が及ぶ行動に力を注ぎ込むことが、結果として『結果を支配すること』に繋がります。

ナンパでは、結果にのみとらわれてしまうと声掛けができなくなってしまうことがあります。

連れ出し・番ゲ・ゲットばかりにとらわれてしまうと、行動ができなくなってしまうことがあります。

『なんでゲットできないんだろう』

『連れ出しができない・・・』

『女の子との会話がうまくいかない』

こう考えだすと立ち止まってしまい、地蔵化してしまいます。

人は考えだすと、行動できなくなってしまう生き物だからです。

高額な商品を買うときも、迷いだすと買わずに先延ばしにすることもあると思います。

もちろん分析することは大切です。

しかし、街でナンパを実行しているその瞬間に関しては、地蔵にならないためにも結果ではなく行動に集中することが、地蔵克服には大切になります。

ナンパ中に集中すべき行動は『声掛け』

ナンパでコントロールできる行動はたくさんありますが、その一つに女の子に声をかける『声掛け』があります。

声掛けは、自分から女の子に声をかける行動なので、自分の意思でコントロールできます。

数もそうですし、フレーズもコントロールできます。

もちろん、声をかける女の子の質もコントロールできます。

10人に声をかけることも、100人に声をかけることも、自分でコントロールできるのです。

背の低いちょっとロリコンっぽい女の子に行くこともできれば、モデルのようにすらっとした美女に声をかけることもできます。

巨乳の女の子に声をかけることも、ぽっちゃりタイプの女の子に声をかけることもコントロールできます。

簡単に言えば、あなたの好みの女性に声をかけることができます。

その行動から得られる結果として、自分の好みの女性をゲットすることができます。

しかし、この女性をゲットする“結果”を100パーセント自分でコントロールできません。

この女の子が番号を教えるようにコントロールする。

カフェについてくるようにコントロールする。

ホテルに・・・・・・。

漫画に出てくるような、催眠技を使えれば可能かもしれませんが現実では厳しいでしょう。

100パーセント結果をコントロールすることは、不可能に近いことです。

女の子にも予定がありますし、その時の気分もあります。

極論ですが、会社に対して100億円の損失を出した後にナンパされても、ついて行こうと思わないですよね。

結果を100パーセント支配することは、できないのです。

100パーセント支配できるのは、自分の意思が及ぶ行動です。

サッカーのPKを蹴る場合でも、コントロールできるのはゴールを決めることではなく、これから蹴るPKの方向のみです。

決めた方向に確実に蹴ることに集中した結果として、ゴールが付いてくるのです。

「そりゃそうだろう」とほとんどの人が思います。

しかし、ナンパに置き換えると即・番ゲ・連れ出しの結果ばかりをコントロールしようとします。

ナンパでも、まずは自分の行動である『声かけ』に集中することが大切になります。

行動について考え、結果については考えない

もちろん、結果が出なければナンパをする意味はありません。

女の子をゲットしたいから、ナンパをすると思います。

しかし、ナンパ中に連れ出し・番ゲ・即のことばかり考えてしまうと、行動できなくなってしまいます。

もし、その思考になってしまえば、、、地蔵化が始まってしまいます。

結果は支配できない。自分の意思の及ぶ行動に力を注ぎ込む。

自分の好みの女性に声掛けをすることに集中し、さらに声かけに成功すれば、平行トークを盛り上げるために力を注ぎ込む。

それをすることによって、結果として番ゲ・連れ出しにつながります。

『自分の意思が及ぶのは行動であって、その行動によって得られる結果ではない』

地蔵にならないためにも、ナンパに出撃したその瞬間は自分の行動のみについて考えることをお勧めします。