『ナンパをしているからには即を狙う』

即はナンパの醍醐味であり、達成感もあるイベントですね。

ナンパで成果を出すためには、常に即を狙っていくことが重要になってきます。

しかし、狙っているからといって常に即ができるわけではありません。

女の子の予定があったり、自分の予定もあります。

外せない用事があり、番ゲしかできない時もあると思います。

そんな時は準即に切り替える必要がありますが、準即というものは非常に難しいものです。

準即はモチベーションが上がらない

準則は、ある意味即よりも狙いにくいものになります。

まず、モチベーションが上がらない。

LINEを交換したけど、送るのがめんどくさくて放置というパターンがあります。

さらに、送ったとしても返信がなかったり、次回アポに取り付けられなかったりします。

そうなってくると、『街に行ってまた新しい女の子をナンパしたほうが早いんじゃないか』となってきますよね。笑

でもせっかく番ゲができているのであれば、その部分を改善することによってナンパの成果は向上すると思いませんか?

準即もしくは準々即がコンスタントにできるようになれば、声掛け数を増やさなくても、成果を増やすことができます。

さらに即とは違い、準即・準々即でゲットした女の子は、正しい対応をしていればS○Xフレンドにすることもできます。

今日はそんな準即・準々即につなげるためのちょっとしたLINE交換後の対応を紹介したいと思います。

女の子にも喜んでもらう

準即をコンスタントに狙うためには、まずLINE交換後の対応が重要になります。

LINEを交換した後は、LINEの返信率を高める作業が必要です。

やってはいけないことは、LINEを交換した後、すぐに女の子を放流することです。

これは女の子に、『自分の目的が達成したら勝手に満足するタイプ(自己満足人間)』の印象を与えてしまいます。

S◯Xで自分が満足したら、寝てしまう男の印象です。

これは女の子に非常に不評です。

LINEの返信率を上げるためにも、S◯Xと同じでLINE交換後も女の子を満足させる必要があります。

では、女の子の満足とは何か?

それは女の子に、『この人に番号を教えてよかった。この人は私のことを本当に気に入ってくれている』という印象を与えることです。

人は、自分が他の人に何かをした時に喜ばれると満足感を得ます。

感謝の言葉をかけられ、喜びの態度を示されると人は『やってよかった、教えてよかった』と感じます。

ですので、LINE交換後は感謝の気持ちである「ありがとう!」を伝える。

そして、LINE交換後はテンションを少し高めましょう。

平行トークの盛り上がりによっては「飛び跳ねてもいい?笑」ぐらい聞いてもいいです。

間違っても、クールキャラはNGです。

クールに対応してしまうと、先ほどの自己満足人間の印象を与えてしまう可能性があります。

ですので、クールキャラは控えましょう。

もう一度連れ出しオファーをする

次に、もう一度連れ出しオファーをかけましょう。

これは多くの人がやっていないことですが、LINE交換後に連れ出しオファーをすると、連れ出せる確率が上がります。。

LINE交換をしている分、心理的ハードルが下がり、感謝をしっかり伝え喜ぶことによって女の子の警戒心を解くことができるからです。

成功したらラッキーぐらいの気持ちで、LINE交換後にもう一度連れ出しオファーをかけましょう。

ここでの注意点は、しつこくオファーをしてはいけないということです。

LINE交換後の連れ出しオファーは、一度だけにしておきましょう。

しつこい印象を与えてしまうと、LINEの返信率は下がってしまいます。

軽く誘って、断られれば解散です。

その時も、『また会うの楽しみにしている』風を装いましょう。

自然に次に会うことを女の子に意識させることにより、LINEの返信率を上げることができます。

友達と遊んだ後に解散するときの感覚が、イメージしやすいかなと思います。

下地を作り、LINEの返信率を高める

後はLINEでやり取りをし、次のデートにつなげるだけです。

この返信率を高める作業をすることによって、次につながる確率が上がります。

LINEは対面とは違い、簡単に無視もできます。

さらにはブロックなんて機能もあります。

まずはその返信されない状態を作らないように、LINE交換後から下地を作っておく必要があります。

この下地を作り、LINEの返信率を上げ、次回のデートにつなげることができれば、準即、準々即をコンスタントにすることができますよ。