まず、面白い人の特徴として
以下の3つが挙げられます。

・話の展開がうまい
・場の盛り上げがうまい
・発想が面白い

話の展開がうまい人

まず、話の展開がうまい人の
パターン。これは一番知的で
難しいです。

ちゃんと、話を組み立てる時に
落ちまでを計算して、話すという
ことです。

これをやるポイントは、型を
意識すること。
型とは、たとえば、起承転結
とか、そういうもののことです。

場の盛り上げがうまい

Portrait Of Young Handsome Man Smiling Outdoor

次に、紹介するのは
場の盛り上げ方がうまい人の
パターン。

場のテンションとか空気を
しっかり読んで、そこに対し
適切なツッコミや合いの手を
いれることにより、盛り上げます。

このやり方の長所は、自分が
ストーリーテラーになる必要が
ないと言うこと。

先程述べた、起承転結を考えて
オチをつけて話す、には
経験とテクニックが必要なんですが、
場を盛り上げる場合には、それらが
不要なんです。

必要なのは、今この場で求められている
意志を読む力と、そこをいじるスキルです。

身につけるためには、とにかく
複数の人があつまる場に
身をおくこと。そして、そこで
タイミングよくまとめを入れること。

話題のあいまあいまに、ツッコミと
合いの手を入れる練習をしましょう。

発想が面白い人のパターン

このパターンが使えるひとは
わりと天性の才能に頼る部分が大きく
努力して手に入れるのは難しいかもしれません。

多くの人が思いもつかないような
アイディアや発想を生み出せる人は
一目置かれますし、魅力的に見られる
ものです。

普段から、発想が凡庸だな、と
自分に感じるようであれば、
第一歩として、独特な発想をしている
人の本をよんだり、話を聞いたり
してみるといいです。

今回の3点を意識して
コミュニケーションをとれば
思い白いと思われることができます。

いきなり全ては難しいですが、
できそうなことからちょっとずつ
始めてみてはいかがでしょうか?